最新の聖訓

先天一炁機禅子 聖訓

2015(中華民国104)年 2 月11日

帝極(参)天字第033号

2015(104)年2月 10 日
甲 午年12月22日 午 の刻

 

甲午年の行運では、応劫・遭劫の性霊がたいへんに多く、特に中東・ウクライナ東部等の地域では戦火が続いて起こり、性霊は恐れ不安になっている、劫運とは言え、聖宮はやはり関心と憐れみを示し、教主 上帝は今年度の巡天において、本地球の十大天人生態と人心の善悪態勢を考察され、核定来年の行劫方案を裁定される、本来の生を好まれる徳によるものであるが、人心が早く悔悟して、自ら生機を啓き、共に地球の繁栄を図るように願われ啓示された

天帝教の同奮はみな巡天節の意義を理解しているので、心を清め精進料理を食して、互いに励まし合い、救劫使者の修養と道風を表して、迷妄なる衆生を開化し、道徳と精神を再建して、共に巡天節の降臨を迎えなければならない。


 

 

 


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.