最新の聖訓

首席正法文略導師:聖訓

二〇一五(中華民国一0四年 二 月廿六日

帝極参)天字第0四四号

 一0四年 二 月二十六日

 乙 未年 一 月 八 日 午の刻

甲午年巡天節の全教各拠点における接駕・送駕人数と皇誥数統計を監査し、指示する:

一、 上帝は年度の巡天において、親和光を大きく放れた、深層の意義は即ち世人に:「宇宙天理の真象は『和』の字一つにある。」を昭らかに示すことにある、同奮は巡天節の儀式に参与して、同じく天恩に沐し、深く思い体得して、教義を検証し、一を挙げれば三を悟って、道を体すること日に深くなる。

二、乙未年の行運が開始されているので、皆が奮闘を強めるよう激励する、平日は光殿において祈祷静参し、常に持「斎戒沐浴して以って 上帝に事える」の敬虔な心により、天下蒼生のため奮闘すれば、 上帝は親和光を大きく放たれ、巡天節だけに限らない。光殿の境地は、遠くなく届かない所ではないことを、奮闘する同奮は皆、自ずと体得できる。

  

 

 


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.