最新の聖訓

首席督統鐳力前鋒:聖訓

二〇一五(中華民一0四年 四 月 一 日

帝極(参)天字第六八

一0四年 三 二十四日

 乙 未 二 月 五 日の刻

 

各地教院は各自の条件により、異なった弘教活動を発展させている、天極行宮祈祷・台中初院文昌祭台南初院保生文化祭鐳力阿道場謝年祭や、また政府に呼応して挙行された聯合祭祖大典・台湾灯会など、本教の世にる奮闘精神に合致している、主催の教院がいずれも機会を把握して、念入りの計画を立て、一年ごとに素晴らしくなってゆくよう希望する

時代は変化しており、弘教方式も時と共に進まなければならない、しかしなおも本教の伝統を考慮して注意しなければならず、教綱救劫使命道務規範の求めに合致して、宗教と異なる特色を発揮しなければならず、決して通俗に媚び教えの品格を失ってはいけない。

私は各教院が知恵を集め、現状を突破し、各自文化特色と奮闘の道を発展させ、多元的な意見を広く納め、社会の興味を吸引し、くを喜ばせ遠くを来たらせて、道気と人の気が旺盛になるものと楽観している。


 

 


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.