最新の聖訓

玄玄上帝:聖訓

二〇一五(中華民国一0四)年 五 月 六 日

帝極(参)天字第一0四号

一0四年 四 月二十九日

乙 未 九 日 巳の刻

 

気候変動により全世界の多くの国々において数十年来のひどいひでりの害が現れている、例えば:

  アメリカカリフォルニア州の干害情況は空前絶後であり、全州は全面的に強制的な限水に入り、各業種に影響を与えている;ブラジルは元々は水資源の豊かな国であったのに、八十年来最大の干害が起きており、原因はアマゾン流域の熱帶雨林が濫砍により、大自然の調節機能が破壊され、降雨量が減少したという理由がある;チリは干害がひどく、民生と国家経済に影響が出たため、海水淡水化工場を建設して、長期の欠水問題を解決することにした;台湾も影響を免れ得ず、十年来最もひどいダム欠水に直面して、一部の地域では給水制限を行っている。

  将来水資源の供給が緊張化することが予見でき、連鎖的に食糧不足・飢饉・疫病等の災害を引き起こし、必ずや人類の将来における最大の行劫の危機となるであろう、水争奪戦の人災は、全世界の安全を脅かす可能性がある。

  水資源の再生利用・海水淡水化の科学技術はいずれも防止の道であるが、根本的には地球温暖化を遅らせ、地球に休みを与え、自然の生機を回復することこそが、根治の方法である。人類の目下の行いは、正に次の一代の生存と幸福の生活に影響するのである。

   


 

 


 

 

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.