最新の聖訓

首席督統鐳力前鋒:聖 

二〇一五(中華民国一0四)年 五 月三十日

帝極()天字第一一九号

一0四年 五 二十五日

乙 未 四 月 八 日 酉 時

 

全教の一0四年度四月分弘教資料表を監査し、指示する:

古えに曰く:「皆の心が城となり、皆の口が金属を溶かす」、もともとの意味は、皆が心を同じくし、声を同じくする力量によって、城壁のように堅固となり、金属をも溶かすことができるということである。

これがすなわち団結奮闘の道理であり、天帝教の同奮は心と心をつなげて、手に手を取り、一斉に 上帝の真道を弘揚 し、共に天下蒼生のために祈祷して、天を頂き地に天って、正大光明でなければならない。同時にこの炎熱の夏にあっても、皇誥を多く奉読し、汗を多く流せば、体内の陰の気・濁の気を排除できて、自分の健康に益をもたらす、どうして快く行おうとしないのか。

駐院の開導師が身を以ての教えをまず行い、各教職と一般の同奮を指導して、実質的に弘教救劫の仕事を行い、尽くすべき本分を負えば、真心から犧牲奉献する同奮は、将来皆前を歩み、道程が光明となろう。


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.