最新の聖訓

慈恩聖母:聖訓

二〇一五(中華民国一0四)年 七 月 四 日

帝極(参)天字第一五四号

一0四年 七 月 三 日

 乙 未年 五 月十八日 午の刻

 

私は命を奉し法会の副総主持となり、一炁宗主と諸天上聖高真に呼応して共同の運化をなし、普く金精光大法を施した、これにより蓮花は修復され、暴戻を化し祥和を呈して、応劫・受劫および受渡の超抜を求める性霊に、その場所を得させ、その分に安んじ、陰安陽泰、陽泰陰安とする。

天帝教の同奮が知らなければならないのは、無形の霊界は「不忠不孝の仙仏はいない」、また「仙仏も人を仙仏にすることはできないが、人が仙仏になることを阻止することもできない」ということである、これらはいずれも皆に、廿字真言人生の守則は、人生が幸福円満であるための準則であるだけでなく、更に死後地曹に堕ちないための基準でもある、千聖万真も、無量法門も、廿字から修行を始めるもので、これも自己に向かっての奮闘の金光大道であることを説いている。

人生は苦しくて短い、私は霊界で衆生の群れを見尽くしている、生死流転、顛倒輪廻、天帝教の同奮が人の身を大切にして、「生活する一方で、修道する;救劫する一方で、弘教する」の真諦を理解するよう願う。功を重ね徳が積まれ、功が行なわれ果が満ちれば、天人共に幸せになって、私もまたこれを誇りに思う。

    


 

 


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.