最新の聖訓

三期主宰:聖訓

二〇一五(中華民国一0四)年 八 月 四 日

帝極参)天字第一八二号

一0四年 七 月二十八日

未年六 月十三日 巳の刻

 

ベトナム共産党総書記はアメリカのオバマ大統領とホワイトハウスで会見し、アメリカを訪問した初めてのベトナム共産党指導者となった。アメリカとベトナムの関係は近来加速的に深まっており、これは協力して中国大陸の勃起に対抗しようというものである、しかしベトナムの経済は深く中国に依頼しており、いかにして中米両大国の間で平衡を取るかは、ベトナム政府にとっての挑戦となっている。

いわゆる二大国と比べれば小さいとはいえ、ベトナムの難題は台湾の目下の状態でもある、中国歴代王朝の興衰にも、多くの先例がある、したがって「大が小に事えるには仁を以て、小が大事えるには智を以て」が後世に伝えられている。今後台湾海峡両岸の関係では、一方が焦ったり、あるいは一方が現状の変更を強行しようとしたりすれば、いずれもはかり難い結果をもたらし、両岸の関係を悪化させるので、決して両岸の子孫の福とはならない。


 


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.