最新の聖訓

先天一炁機禅子:聖訓

二〇一七(中華民国一0六)年一月十二日
(106)帝極(参)天字第00四号

二〇一七(一0六)年一月十一日

丙申年十二月十四日 午の刻

巡天節を前にして、各地の教院・教堂・道場および親和所は、いずれも灑浄を 終え、内外の環境を完全に一新させなければならない。これだけでなく、更に 重要なことは同奮の身心言行が、平時から「心を清め真如に合わせる」の道風 を保ち、救劫使者の「上等の徳は谷の如く、謙虚で相譲る」修養に合致するこ とこそ天帝教の真の修行である。 本教は同奮に「天心の徳を体験し理解せよ」と導いて来た。「天心の徳」と はどこから発せられるものであろうか。いわゆる「風雲は変幻して先覚者は誰 であろうか」、ただ心に仁徳を持つ者だけが先覚者なのである。目下の世界情 勢を俯瞰すると、すでに「人運」の変化が「国運」と「世運」を連動させてい る現象を見る。特に丙申年既定の行劫方案では多くの生霊がしばしば劫難に遭 っているので、聖宮は憐れみを垂れている、そして教主 天帝が巡天を行われ、 翌年の行劫方案を決定されることは、生してやまない大徳をお持ちであること に他ならず、人心が時機にかない覚醒し、自らを救い人を救うよう願われてい る。 同奮は救劫使者として、一般の凡人とは比べものにならない。教主 上帝は 救劫の権を各位の手中に与えておられる。従って同奮は巡天節の意義を深く理 解しなければならず、これが誠に丁酉年の衆生の禍福存亡にかかわっており、 更に台湾の前途にも大きく関係している。我が全教の同奮が、揃って奮闘心を 発し、共に奮闘の道を行なって、無比の精神正気により、台湾を保つ護国の基 礎を堅固にし、丁酉年救劫弘教の新運をひらくよう願う。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.