最新の聖訓

極初大帝:聖訓

二O一七(中華民国一O六)年六月四日

(106)帝極(参)天字第一五八号

二O一七(一O六)年五月二十日

丁酉年四月廿五日 巳の刻


人間界で報道の先日、中国大陸において行われた「一帯一路国際協力サミットフォーラム」は、全世界の29カ国首脳及び百余りの国家代表者が集まり、グローバル化の経済発展を共に図り、計画すること。

 第二次世界大戦後、国連が設立され、そして一九四四年 に全世界的な経済会議が開かれたことは、グローバル化の始まりである。全地球の南北間の差異に対して、欧米の先進国とアジア・アフリカの発展途上国は、既にグローバル化の理念を持っており、経済発展の遅れた国への援助を開き、全世界は一つであるとの理想へ歩んでいくことを期待している。初めには地域的な経済・貿易連携協定を発展させることで、それは北アメリカ・欧州連合の発展を主にしていた。

 近年、中国大陸の大国としての勃興により、世界的な政経ブロックが段と推移し、変化した。共存共栄の王道思想を以って、陸上と海上の二つのシルクロードを貫通させることは、二十一世紀のグローバル化の長遠な計画である。中華民国台湾地区における経済建設は、全国民の生活と生存の保障に関わっていて、自ら台湾の国際的な発展空間を制限することをしてはいけない。そうでなければ、台湾復興基地を経済発展の遅滞窮地から脱出できなくさせる。人民の心の声に耳を傾けて聞いて、民心の動きを理解してこそ、本教の長期以来の祈祷による同心同徳との力はそれ相応の有効な発揮ができるようになる。


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.