最新の聖訓

天照大神:聖訓

2017(106)年8月25日                                          

帝極(参)天字第278号

私は日本国玉和殿殿主である。全世界の核劫の危機は明から暗に転じ、潜伏の危機は更なる恐怖を伴っている。天人は力を合わせ、世界の核危機を化延させなければならない。現在の情勢を見ると使命は辛く困難である。我々大和民族は、「万事救劫より急ぐべきことはない」の緊急誦誥救劫に呼応し、身を外に置くことなく、相互に団結して心を合わせ共に「誦誥救劫」活動に参加しなければならない。
広島は第二次世界大戦中莫大な代償を払い、大和民族は深く戒めとしているが、一旦北朝鮮とアメリカの間に戦端が開かれれば、日本はまずその矛先となるので、大和民族は奮闘を強め、救劫の大業の厳しい試練を勇んで承担しなければならない。自らを救ってこそ人を救える、昔の経験に鑑みて軍国思想を放棄し、歴劫の共業を廓清して、種々の改革のうちでは「唯心」改革が最も重要であるから、心が浄化されなければ、道徳意識も提昇されず、怨みも放下されないで、最後まで「敵対」の心理から抜け出すことはできない。ただ真誠に反省し誤りを認め改め、見解の相違を放下してこそ、「大和」の真諦を理解でき、天下の蒼生を助け、誦誥救劫活動に参加できる。
日本国の同奮は地理的理由により誦誥活動を行うのには困難であるが、同奮が奮闘に心を持てば、種々の障害を突破して、誦誥救劫緊急活動に参加でき、戦争の瀬戸際にある大和民族を助けることができる。躊躇し止まってはならない。民族の気概を出して誦誥救劫するように。


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.