最新の聖訓

無始古佛: 聖訓

二O一七(中華民国一O六)年十二月廿二日

(106)帝極(参)天字第五一四号

二O一七(一O六)年十二月十八日

丁酉年十一月一日 午の刻

 

 

 「大逆転」の作動は「天、地、人」の三曹、及び「天、地、人」の三才を結合し、「天時、地利、人和」に合わせたものである。そのうち、「陰陽無形を有形に化する(※陰陽無形化有形)」は、「先天と後天」を結び合わせ、「天人」を貫通し、「無形有形」を結合させ、働きに呼応させる。私は「弼三才而主三界,佐一炁而復一元,三期輔主宰...主宰乾坤之更新,元帥宇宙之改革,三界神師(※宝誥誥文:三才を輔佐し、三界を主導する。一炁を補佐し、一元を復元する。三期において主宰を輔佐する...乾坤を更新する主宰であり、宇宙を改革する元帥である。三界の神師とする)」で、大逆転の副中帥の首座として任命され、天人の作動はまさに法法連接で、乾坤を転じ、陰陽を移すことである。時間系列の転換、道運の帰正、気運の暢達、人運の還元など、将棋倒しのように些細な動きが全局に影響してしまう。私が諸副中帥を率いて主帥の任務を引き継ぎ、天上人間における「大逆転」を完成させる。

 全教同奮は自発的に修身養性を行い、主動的に天人の「大逆転」任務に参与した誠心誠意は、天が感動されている。「誠は天の道(タオ)なり。これを誠にするは人の道なり。」現在、三曹は位置付けが行われて、道運、世運、気運は本来の春劫総清の軌道に転回されている。秩序は乱れなく、法輪は常に回り、「先天正気、乾坤有象盡成象(※宝誥誥文:先天正気により、乾坤(天と地)にある形象、万世万物が元の秩序に戻る。)」である。


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.