最新の聖訓

極初大帝:聖訓

二O一七(中華民国一O六)年十二月廿九日

(106)帝極(参)天字第五二四号

二O一七(一O六)年十二月廿六日

丁酉年十一月九日 午の刻

 

   

天帝教復興三十七年周年及び伝道節には、本席は坤元輔教と一緒に全教同

奮と共に天帝教救劫弘教任務の発展を祈り願う。同奮は共に救劫、弘教、渡

人(人を渡す)任務のため、団結奮闘し、皆ん勇猛に向上し、天の表彰掲示の

登記を目指し奮闘している。

本席は以前に示した:地球上の人類は今日、この空前絶後の危険な日に生

存している。一切絶望、最後は自ら滅亡を招いて、共に滅び、共倒れになる。

ただあるのは、早急に人の身元から自救し、 上帝に過去の過ちを寛大に許

して下さることを哀求して、真心こめて、天帝の先天真道が再び地球に降り

て来ることを待ち望み、危険が安全にと転廻し、大地が回春し、人類に永遠

の幸福を持たす。これこそが「どうして地球上に先天天帝教が復興される道

理である」。同奮は復興天帝教の心こめた思いやりを深く考え理解し、これ

によって進んで行動を取る。

伝道節は本席が證道日(天に帰られた日)に、全教同奮が黄庭にて、又各光

殿で、感恩追思の気持ちを現した。本席は同奮が決心して発願するを希望し

ている。謹んで天命に従い、師命に服従し、「自分のために思い巡らすこと

をせず。個人の福報を求めない」、この犠牲奮闘精神を伝承すること。更に

明らかに示すのは:「願わくは、われの 上帝、三民主義統一中国を手助し

て下さい」「念茲末劫の今日、宇宙真道が地球で再び光を浴びてくださるよ

うに」、これは先天天帝教の台湾復興基地での大志大願である。正宗静坐班

の基礎教育から始めれば、導くことができる。師匠から弟子へと代々相続す

ることができ、尚且つ、先人の後を受けついで、新しく発展する端緒を開き、

これによって前人の事業を受け継ぎ、将来の発展の道を開き、天帝教が人間

界で復興された最終目的を完成させること。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.