最新の聖訓

天帝教極院 聖訓

金闕應元瘟部尚書:

                 二〇二一(中華民国一一〇)年四月三十日 

辛丑年三月十九日 午の刻 175号

 

三期末劫は「化延」されたが,人類の悪行は続けて累積され,三期末劫は「不断に延期され速い速度で激化している」中にある,救劫力量は「延期」されるが,「化」の力量はなお限りがあり,劫運の累積を緩和するために,予期されない色々な天災人災と人類の目下の能力が、すぐに克服できる事故は発生するが、人類は憂慮の意識を持ちそこから敬天・畏天・法天(天を手本とする) 精神を持たなければならない。

 本教の救劫は大を小に化し,小を無に化する,一種の「事前の化延」である,目下人間界で見られるのは「すでに転化」を経た災禍であり,天命の救劫使者は基本的で正確な認識がなければならず,三期末劫は重大であり,先天の天帝教が人間界に再来しているからには,人間界の救劫使者は一心一意全力で無形の応化の救劫任務に呼応しなければならない。

 

 

行劫主宰定危子:

                 二〇二一(中華民国一一〇)年四月三十日 

辛丑年三月十九日 午の刻176号

 

救劫と行劫はいずれも連繋した行ないであり,無形の応化は,人間界に大きな影響力のある人・事に働きをかけて無形の運用に呼応しようとしている。

従って,人間界の天帝教は全世界の情勢の変化を観て,本教の二大時代使命と玉霊殿三大特定任務を結び付け,遠い見通しと未然に防患する行ないを顕現している。

 全世界のコロナウイスルスは,一波一波の地域的で強烈な行劫となっている,この行劫の大きな方向は,いつこの劫の行運方法を止められるのだろうか。

なお人心の転変によっている。

 

 太虚子:                                                                                                                                                                                                                                                                         二〇二一(中華民国一一〇)年四月三十日 

辛丑年三月十九日 午の刻177号

 

全世界の核武装発展の変化を総観すると,首任首席使者が第一時代使命達成を初歩目標と宣言した後,二十年余りの時空の転換を経て,人間界の天帝教では第一時代使命の危機意識が淡化している,ただ近五年来の推進に従って,第一時代使命の危機は段々と隠れていた状態から明らかな状態に転化し,生存環境は危機に瀕している,自然気候の変遷は基本の生活物資を不足に直面させ,第一時代使命の危機が再び啓き,更に直接息を飲む間もなく万変する危険な行為に直面している。

 全世界の変化と密接に関係しているのは,一波一波の行運の形成であり,人間界の天帝教は再度新たに、救劫使者に第一時代使命に対する認識と警戒を呼び起こしている,目下の核兵器の対抗の危急の程度は以前に増しており,特に核汚染の長期化は全世界の各地に奥深く入り,一種の慢性的な核危機となっていて,知らず知らずのうちに全体の万性万霊に放射能の侵入を受けさせている,近年来発生した核排水と核実験はいずれもこれに属するものである。

 

 太虚子:                                                                                                                                                                                                                                                                         二〇二一(中華民国一一〇)年四月三十日 

辛丑年三月十九日 午の刻179号

 

米中両国が引き起こした国際政治と経済の再調整は,コロナウイルスの衝撃のもと,各国は多く自らの利益に着眼している,いわゆる協力というのは各自の最大の利益を着眼点としており,情勢はますます厳しくなっている,長期的観点と配置計画があってこそ,突破の契機が生まれる。

 全世界化の発展には,自分本位の空間と条件はなく,資源争奪戦がもたらす環境悪化・種族絶滅,また極端な気候の発生は,人類の生命安全・ 生活安定を加速して破壊するので,遅れることなく自然環境の急速な変化と,天災人災がますます酷くなっていることを正視しなければならない。

 地球温暖化と極端な気候は警示と呼びかけをしているが,各国の政治利益の追究には遠く及んでいない,ただ実際の災難に直面して再度訂正と検討を行なわなければならない,この情況が再度演じられることは,実に賢明ではない。いかにして地球は一つしかないという憂慮の意識を人類全体の意識にするかは,志のある人々と宗教徒が共同して努力する目標である。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.