最新の聖訓

崑崙老祖: 

二〇二一(民国一一〇)年五月六日

辛丑年三月二十五日 午の刻184号

全世界的な「化劫」法会はすなわち天・地・人の三曹の諸大神媒を集結させて共同で参賛(人と天地自然との調整作用)運化する。

 私は本地球に駐在し佈化している諸地仙と,物を御する法を運用して,人知れず全世界の各地に作用している,物を御することによって心を御することに呼応し,心を御することから気に転じ,物を御して気を運び,心物一元の救劫効果を達成する。

 応元救劫の神媒は,心を御する力量を直接調整して三期の劫気に転化させ,正気の陽質射線が人心の媒圧となり,心気同時の運用を達成する,人心の熱準は適度に呼応を受け,人心に媒圧となる力量が十分に現われ,劫気は再び逆行せず,化劫を期することができる。崑崙山に駐る地仙は,すなわち物を御する法身により,有形を応化し,無形の精神的媒圧の効果の助けとなる。

 法会は即時天人の力量を集合させることにより,目下の劫気終結を打破することを期する法会の位置づけと認知には再調整が必要であり,今年は開始の第一歩である,天人は共に努力し,利をもたらすように。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.