最新の聖訓

天帝教極院 聖訓

無形古仏:                                                                                                                                                                                                         二〇二一(中華民国一一0)年九月二日 

聖訓302号辛丑年七月二十六日 午の刻

 

 全世界の超薦陰安陽泰法会は,「全世界の応劫の性霊と,外太空の精霊」が「浄霊待命区」,廿字真言を九遍持誦して安霊し,代わりに「廿字真言」が不断に放たれるが,交感は有限であり,普く諸霊を招いて教化・点化・普化し,経と説法を聴いて,声によって度化を得る,この声は機械の声ではなく,「感があれば応があり」,「両誠相感じ」,心があってこれをなす。

 私は総主持の命を受け, 五蓮上陣に更に金光罩を加え,招きを受けた諸霊の「躁動不安・盲動不服・妄動不屈・霊動不伏」を緩和する,前には敬虔な皇誥奉読百五十万声があり,正気に満ちて,蓮陣を強固にして,法音の伝布を啓き,三曹共振して,参賛化育し,無形有形,無情有情,万の元が一つの根であり,一つの根が万の元であって,同じく法雨に浴し,同じく法露を受け,啓道佑徳,幽冥拔罪,広く普く縁を収め,衆生を渡化し,同じく彼岸に登る。

 我らは協議し.人間界においては皇誥奉読百万声を持続し,安定協和して,「天安太和」を保持し,和して生じ、生じてやまず,一道同風となる。

 

 

南屏済祖:                                                                                                                                                                                                         二〇二一(中華民国一一0)年九月二日 

聖訓303号辛丑年七月二十六日 未の刻

 

 全世界の超薦陰安陽泰法会は,総主持が五行蓮花陣を並べた。人間界は八月二十六日から灑浄され,法雨が降り注がれる,特に「浄霊待命区」・「浄霊申込区」を設け,八月二十八日まで一関一関の浄霊を済ませ,法会の無形有形・無情有情・両大専案の性霊などと参加して,普く法雨を施す,諸霊を浄化して,全世界の応劫の性霊・外太空の精霊および同奮の歴代の祖先・先霊・累世冤親債主・有縁の超抜を求める霊が受領する法宴である。

 法は元々法でなく,人間界は八月二十六日から八月二十八日にかけて皇誥奉読百五十万声を行ない,正気のエネルギーを倍増させ,五行蓮花陣を全面的に運化・応化させ,皆が平安となり,法会は功徳円満となった。

 天安太和道場は中秋節の前に再度百万回の皇誥を完成させ,各教院・教堂の支援により,地曹道場の正気のエネルギーを強化して,道場のエネルギー磁場を導き,「天安太和道場」の実質機能を発揮して,陽和が満ち,陰安陽泰となる。

 

 

一炁宗主:                                                                                                                                                                                                             二〇二一(中華民国一一〇)年九月二日 

聖訓304号辛丑年七月二十六日 未の刻

 天帝教は救劫・鍼心・化覚・拯霊の宗教である。

 西暦一九九四年、民国八十三年に初めて秋祭法会を行ない,今年は拡大して全世界超薦法会となし,「自分のために思い巡らさず、個人の福報を求めない」宗教の慈悲精神を着実にする。その中で西暦二〇〇〇年,民国八十九年天赦年の清涼勝会啓建は,「天赦の教え」により反省懺悔洗心し,経壇は浄化され,応劫の生霊を普く化した,春劫は啓運し,本太陽系の有形無形・有情無情の性霊和子と外太空の精霊までに拡大した,自赦・人赦・天赦は,天・地・人三曹の親和関係を建立する,自覚覚他・自渡渡人の奮闘である。

 中元龍華の誦誥・誦経強化活動が開始されたのは,すなわち天・地・人三曹が共に行なう精神鍛煉過程であり,「磨によって凝となる」,消陰電子を除去し,性霊を清浄にして,「浄によって明となる」,廿字の光明大道に入り,最後に法会に参与し,自ら「経力に虚偽なく」,「長侍永清涼」の寧清な境地を証する。

 

一炁宗主:                                                                                                                                                                                                           二〇二一(中華民国一一〇)年九月二日 

聖訓305号辛丑年七月二十六日 未の刻

 

辛丑年全世界超薦陰安陽泰法会の三大精神は:

一、天徳教・天人教から,先天天帝教の人間界における復興に至るまで,全世界化の超薦法会は無量金光の布施応化を受け貫かれている。

  二、清涼勝会の性霊・地曹浄化の精神を含む。

  三、陰安陽泰により救劫をなし,応劫の十大天人を引度して,再度霊を創造する。

天地の間に立ち,天地の正気と正大光明な力が無形の応化に呼応して,使命を完成する。

一炁宗主:                                                                                                                                                                      二〇二一(中華民国一一〇)年九月三日 

聖訓306号辛丑年七月二十七日 午の刻

 

 辛丑年全世界超薦陰安陽泰法会は,感応を求めず,自ら感応があり,顕化を求めず,自ら顕化が有り,「自分のために思い巡らすことなく,個人の福報を求めない」ことを前提とし,宗教の手本を示す。

 世の情勢は落ち着かず,疫情はなおも横行し,経済は不振になって,水不足・食糧不足は隠れた心配である,同奮は心に感恩を存し,自らできるところを尽くして,更に奮闘せよ,私は全教の同奮に呼びかける,天安太和道場に至り皇誥の誦持を支援し,道場の任務を完成させれば,陰安陽泰,天清地寧,青生きの普化ができる。

 法会は功徳円満となり,これは参加した同奮とネット上の同奮が心を力を合わせ,誠意を外に発したものであり,天親人和,天人親和,三曹同光して,太平に邁進する。

 

 

 

 

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.