最新の聖訓

首席督統鐳力前鋒 聖訓

2015(中華民国104四)年1月30日

帝極天字第0二一号

 

2015(104年 1月29日)

甲 午年十二月 十 日 午の刻


全教二〇一四(一0三)年十二月の各項弘教資料表を監査し、指示する:

一、二〇一四(一0三年)の年度奮闘目標を総括すると、達成さらには予定の目標を超越した者があり、激励すべきである、奮闘目標を達成できなかった者も、がっかりすることはなく、ただ善く本職を尽くし、真心により教えのために犧牲奉献して心に問うて恥ずかしくない者には、無形はやはり肯定を与える。

二、私は年度成果を総括し、天帝教が救劫の宗教であり、心を改める宗教であって、まず同奮が自分の内心を改めることから始め、己を正して身を修め、模範となってこそ、 上帝が世の人心を救うためこの世に降りて来られたことを代表できるのであると強調する。であるから伝教は言語・文字による宣伝だけでなく、最も重要なのは自らの身による教えである。切に神職と教職全員が、深く反省して努力が無駄にならないよう願う。



Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.