最新の聖訓

紫微大帝:聖訓

二〇一五(中華民国一0四年 二 月廿六日

帝極參)天字第0四二号

一0四年 二 二十六日

乙 未年 一 月 八 日の刻

 

天運乙未年教財及び功徳円満加持法会各項表文祈願文はすでに上達され、福德道宮で記帳された、功徳熱準によりそれぞれ金光祥光智慧光財帛光各委員・奉献した同奮各級教院代表等に加持され、炁気が交感して、天道人道奮闘意志を激励、気を満ちさせ、乙未年新運を善く啓いた

私は老中青三代同奮一堂に会するのを見て嬉しく思い、皆が教財乙未年奮闘の第一歩となるよう激励する、皆が教財の意義で特別に注意しておかなければならないのは、同奮は教えのため犧牲奉献すること、に合わせてを施す道理を知らなければならないということでありもし本当に発心することができ、真誠に実践したならば、功徳遅虚しくはならない

私は更に告げる、同奮が心・出・金銭を出す最高の布施の境界は、「施する者なし」・「受ける者なし」・「施する事なし」であるべきであり、凡そ一切の善心善行は、皆天性を縁にして、いずれも本分に属しているということである、もしこのような考えを持て、このように行うなら、その人の煉心のわざはすでに返本還原・還我本来の境界に届いていて、天人共に鑑とする。


Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.