最新の聖訓

無始古仏: 聖訓

二〇一六(中華民国一0五)年十二月三十一日
(105)帝極(参)天字第二七六号

二〇一六(一0五)年十二月二十九日

丙申年十二月一日 午の刻

丙申年の巡天節行程はすでに人間界に公布され、教主 上帝が本太陽系 を年度巡行されて、無形・有形の應元劫務を監査され、勧善懲悪と天盤回 転の道功に応じ、丁酉年の行劫方案を決定される。天帝教の同奮弟子は、 皆巡天節の意義を深く知り、天命と奉献忠誠を深く行ったかを自省し、発 願した救劫の初心をかなえ、天心にこたえて、帰道証位しなければならな い。同時に提示する: 一、丙申年の巡天節行程及び各報告会議は、すなわち本地球の丁酉年の 天運・気運・人運の生化興衰と諸春劫総清の弛緩開閉に応じ、予め手配を 行い、あるいは勧善教化し、あるいは懲悪警戒し、あるいは草木を枯らす 応劫により、各種の軽・重・緩・急の方案を執行する。特に人間界の同奮 に提示することは、天律は厳格であり、決して自分から犯してはならず、 ただ身を正し、功課を勤めて行い、善く正気を養い、進んで天に代わり宣 化を行って、先頭に立ち衆霊の覚醒を行い、揃って正道に帰せば、魔氛の 劫は消え去り、奮って康同の境に登れるということである。 二、丙申年の巡天節において教主 上帝は各洲域・都市・各掌院・道場 上空において報告会議を開く、これは道意と天機を豊かにするので、同奮 は世俗の名に囚われることなく、ただ「天地は至公無私で、万物を化育す る」ことを観れば、霊覚を啓発し、宇宙大主宰の生生の大徳を感じ悟る。 三、全教同奮は必ず巡天節の心と肉体精神浄化の規定を遵守して、敬虔 で恭しい身心を持ち、反省・祈祷・静坐して、積極的に接駕と送駕の隊列 に参加せよ。そうすれば 教主は大いに親和光を放ち、いくら遠くとも届 かぬ所なく、道歴の深さいかんにかかわらず、至誠により感応を得る。 四、天道酬勤は、巡天節より発願立志を始め、丁酉年の奮闘目標を立て て、毎日毎日累積してこそ、真の功を見て、天命は永く誉れを保つ。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.