最新の聖訓

玄玄上帝:聖訓

二O一八(中華民国一O七)年四月二十日
(107)帝極(参)天字第一七六号

二O一八(一O七)年四月二十日
戊 戌年 三月 五日 午の刻

人間の顔表情は大体その人の内心状態と情緒反応を代表している。文化、種族、言語、文字を跨って、人間の基本情緒は六つあり、憤怒、悲傷、恐
怖、気持ち悪さはマイナスの情緒に属し、プラスの情緒は嬉しさ、楽しさであり、驚異は中性に属するものである。マイナスの情緒は人の体に存在し、
持たれた働きと意義は警告作用である。物質文明の高度発展により、人間にとって精神面の疾病が最も厄介であり、本来の調節機能が失われ、早期警戒
の能力が失われ、自然に正常状態も失われている。

情緒に直面した時、プラスの広々とした心で応じ、平常心で平然として受け入れること。自分を赦免するこそ、人を赦免するになり、それでこそ天赦
を得ることができる。適切な表現方法を学び、情緒のために適切な出口を見つけること。「致中和」(※中庸に達すること)。「喜怒哀楽のまだ発していな
いのを、中と言い、発して皆中庸であるのを和と言う。」、「中庸に達すれば、天地は正しく位置して、万物が育つ」。同奮にとって、この道理は日常
修持の五門功課のことである。特に反省懺悔は、情緒を調和する良薬である。この道理を 天帝宇宙大道の会得までを広げてみると、救劫・行劫は一
体両面のことで、個人から大宇宙まで、この道理に従わぬ行いはないだろう。深く考え、実行せよ。

Pagetop

 

 


PDF版を読む

 

この小誌はドキュメントであり、フィクションでは有りません。
本書は当時のまま校正もしていません。 日本人の持つ大和魂の価値感を呼び起こし、 今後の日本国復興再建に役に立つ提言と確信しております。

Copyright © 天帝教 All Rights Reserved.